Musées de Strasbourg
Illustration de la page : 近代・現代美術館
ストラスブール市の美術館・博物館 >> 近代・現代美術館

ハンス=ジャン・アルプ広場 1(1, PLACE HANS-JEAN ARP

1998年に開館式が行われた近代・現代美術館はストラスブールの歴史ある街の中心にあるIII岸に建っています。 概念を理解しやすさと自由さに基礎を置いたアドリアン・ フアンシベールの建築作品は、美術館の様々な部門へと続く特権的な通路となっています。 その先には特別展示場、常設コレクション、版画展示室、写真展示室があり、 そこでもまた美術館付属図書館やオーディトリウム、またはレストランと本の売店があります。 コレクションは1870年から今日までを網羅し、提案されたコースは多くの点において作者と関連しています。 それは、印象主義、アール・ヌーボー、プリミティヴ美術、抽象化、シュルレアリスム 、ヌーヴォー・レアリスム、サポート/サーフェス、フルクサス、アルテ・ポーヴェラです。 また美術館は最新の作品にかなりの部分を充てています。 展示されている主な画家はギュスターブ ドレ、ヴァシリー・カンディンスキー、フランティシェク・クプカ、ジャン・アルプ、ゾフィー・トイバー、マックス・エルンスト、ゲオルク・バゼリッツ、ベール・フィリュウ、ダニエル・ビュレン、ボルタンスキー、ジュゼッペ・ペノーネです。 多くの展示や行事(映写、コンサート、会議、公演)は場を賑やかにし開放的にします。