Musées de Strasbourg
Illustration de la page : ボザール美術館
ストラスブール市の美術館・博物館 >> ボザール美術館

パレ・ロアン| シャトー広場2(2, PLACE DU CHÂTEAU

パレ・ロアンの2階にあるこの美術館は中世から1870年までのヨーロッパ絵画歴史の展望を展示します。 イタリアルネサンス前派ならび初期フランドル派(ジョット、メムリンク)から始まり、 ルネッサンスとマニエリスム(ボッティチェリ、ラファエロ、ヴェロネーゼ、ルーカス・ファン・ライデン、エル・グレコ)、 そして17世紀から18世紀のバロック、古典主義、自然主義(ヨーロッパの静物画オリジナルセット、ルーベンス、ヴァン・ダイク、オランダ絵画の黄金時代、ヴーエ、シャンパーニュ、ラルジリエール作のLa Belle Strasbourgeoise(ストラスブールの美しき貴婦人)、最後はカナレット、ティエポロ、リべーラ、ゴヤ)、 最後はロマン主義と写実主義(コロー、クールベ、シャセリオー、エンネル)。